ともに価値あるサービスを 採用情報 2019

interview04

学生時代、会社説明会で
ビビっときた!

サービス課 大迫さん
2013年入社 深江店勤務

2013入社、深江店勤務。バイクが好きで、学生時代はアルバイトで貯めたお金でバイクを購入し、そのバイクで友達とよくツーリングにでかけていた。

整備士になろうと思ったきっかけは何ですか?

元々はバイクが好きで、高校生の時までバイクの整備士を考えていたのですが、当時の担任の先生が親身に進路相談をしてくださって、将来性を考えて自動車の方を選びました。
その担任の先生は、私が内緒でバイクに乗っていたことを知っていたのに、周りには黙ってくれていて、むしろ「バイクが好きなんだな。進路はバイクの方面にいくのか?」と先生の方から気にかけてくださりました。今思えば、私が自動車の整備士として働くことになったターニングポイントの一つでした。

入社を決めた理由は何ですか?

正直にいうと、「ビビっときた」というのが大きいです。長く働ける会社を探していたので、業務内容はもちろんですが、職場環境を主に重要視していました。学生時代、会社説明会で兵庫三菱の人事担当の方と話した際、他社と比べて雰囲気がとてもよかったので、入社を決めました。

仕事で大切にしていることはなんですか?

お客様との信頼関係を築くことがなによりも大事です。お客様のご要望を知ることも大事ですし、自分を知っていただく必要もあると思っています。まずは顔を覚えていただいて、名前を覚えていただいて...そのために日々工夫しながら頑張っていきたいと思います。

実際入社してみて、入社前とのイメージにギャップはありましたか?

入社する前は整備士は黙々と仕事をすると思っていたのですが、実際は整備士同士だけでなく、お客様や営業スタッフとも話す機会がよくあります。人と話すのは苦手ではないですし、深江店の人たちは皆さん優しくて、入社前のイメージ通りですね。

職場の雰囲気はどうですか?

小さな店舗というのもあって、距離が近く、店長・サービス・営業関係なく、皆さんとても仲がいいです。兵庫三菱内で一番仲の良い店舗じゃないかな、って自負しています。
普段からコミュニケーションを多くとっておくことで、連携しやすくなるように心がけています。そうすることで、お客様にあったプランを細やかに提案できると考えてるので、コミュニケーションは欠かせないです。

仕事で大切にしていることは何ですか?

安全第一で、車を傷つけないように丁寧に扱うことです。これは大前提ですが、少しのミスがケガや事故に繋がります。車の点検などの作業も大切ですが、作業する際に周りを確認する事もとても大切です。深江店は小学生がよく通る道のところに店舗があるので、車を動かす時には必ず誰か一人が道路の確認にまわらないと、非常に危険なので注意が必要です。

嬉しかったエピソードを聞かせてください

3年目の時に、ミニキャブの点検後にお客様から「ありがとう。調子がすごく良くなったよ」とお電話をいただいたことですね。僕がお客様側でしたら、お金を払って点検してもらっているので、「直してもらって当たり前」と思ってしまいます。なので、後からお電話でお礼をいただけるなんて想像しませんでした。とても嬉しかったです。

長く働きたいとおっしゃっていましたが、今後のビジョンは?

サービスの中にも、実際に作業をする人と、予約状況等を管理するデスクワークの人がいます。私は、もうしばらくは整備士として実際に作業していたいですね。整備士は体が資本なので、体力作りや健康管理が大切です。体調管理に気をつけて、ケガせず頑張って行きたいです。

︿