情報発信ブログ神戸店

「アウトランダーPHEVを購入する顧客には3タイプある」

aikawa.jpg

「アウトランダーPHEVを購入する顧客には3タイプある」

これは、三菱自動車工業、相川哲郎新社長が東洋経済新聞社からのインタビューで答えた言葉です。アウトランダーPHEVを購入するお客様は主に以下の3つの点のいずれかを評価して購入いただいているとのこと。

昨年から販売しているアウトランダーPHEVも方向性は同じだったが、結果として単にエコだけではなく、走りが面白いという評価をいただいている。購入する顧客には3タイプがある。ガソリンを使わずに走れるということに価値を見いだす人、加速がすごいのに静かで乗り味が未来的と感じる人、給電機能に注目する人。今後も広がりの余地があると思っている。

  1. ガソリンを使わずに走れるということに価値を見いだす人
  2. 加速がすごいのに静かで乗り味が未来的と感じる人
  3. 給電機能に注目する人
  1. ガソリンを使わずに走れるということに価値を見いだす人

    これは、真意はわかりませんが2通りの解釈ができると思います。まず、1つに「燃費性能の良さ」。うまく充電機能を使いながら走ればガソリンを一切消費せずに電気だけで3ヶ月間走り切ることができます。(アウトランダーPHEVは3ヶ月間ガソリンを消費せずに走ると、自動的に古くなったガスを燃焼させるためにガソリンを15L消費するまでエンジンが起動し続けるように設計されています)。2つ目に、「ガソリンは、走るためではなく電気を作るためのもの」ということです。アウトランダーPHEVは、電気とガソリンで走る車と認識されていますが、ガソリンはモーターで走るための電気を作るために使われます。電気がなくなっても、ガソリンで走るのではなく、ガソリンで電気を発電して電気モーターで走るということです。これでもかというくらい電気で走ろうとします。なので、アウトランダーPHEVは、「ガソリンも積んだ電気自動車である」ということになります。

  2. 加速がすごいのに静かで乗り味が未来的と感じる人

    電気自動車ですのでエンジン音がほとんどしません。すごい静かなので車内での音楽も心地よく聞こえるレベルです。煩わしいエンジン音ではなく、「ウィィーーーーン」というモーターが回転する音が聞こえます。ミニ四駆で遊んだ人はわかるかもしれないですが、電気モーター特有の音でこれもまたくせになるくらい心地いいです。そして、これは実際に試乗していただいて体感していただきたい部分ですが、加速がスゴいです。エンジンと違って、電気モーターは回転数ゼロのときにもっともトルクを発揮しますので、停止した状態からの加速がエンジン車とは比べ物にならないくらいカッ飛びます。

  3. 給電機能に注目する人

    給油ならぬ「給電」、いわゆる充電のことですね。スマホを充電するように車を充電できますので、この機能に注目している人はとても多いです。充電すればするほど、ガソリンを使わず電気で走ることができますので、場合によっては何ヶ月もガソリン給油が必要ないくらい恐ろしほどの燃費性能を発揮しますし、車を充電するという行為自体が新鮮です。ガソリン給油と比べて少々時間がかかるという難点ももちろんありますが、急速充電だと20分程度で80%まで充電できますし、個人的にこのあたりはメリットと比べるとぜんぜん許容の範囲内のデメリットです。

Tesla_charge.jpg(↑上の画像は米テスラ車の充電イメージですが近未来の感じがしてカッコいいので載せました)

実際にはこの3つの他にも、「オートクルーズコントロールがヤバすぎる!」といったお声を実際にいただくこともあり、まだまだ隠れた魅力のあるアウトランダーPHEVです。

東洋経済ONLINEについて

このインタビュー記事が掲載されている東洋経済ONLINEについてですが、とても面白いニュースサイトです。昨今、本や雑誌が売れなくなり出版社ヤバイと言われていますが、東洋経済新聞社はインターネットにも力を入れていて、事実、このニュースサイトはアクセス数が右肩上がりです。

toyokeizai.png

出版社は時代遅れという認識も少なからずありますがそれは少々間違いです。以前、出版業界で働いていたんですが、時代に適応しようとどんどんチャレンジをしている出版社は多いです。逆に、チャレンジをしない出版社はどんどん淘汰されて消えていっています。兵庫三菱も、アウトランダーPHEVのような未来の車の販売に加え、こういったブログでも試行錯誤しながらいろいろチャレンジしていきたいと考えています。ぜひ、ブログをたまにのぞいていただいて、アウトランダーPHEV1泊2日レンタルキャンペーンやってますので、試乗にお越しください。それではまた!

三菱自動車工業相川社長のインタビュー全文はコチラから→「三菱自動車の"顔"をもう一度構築する」相川哲郎新社長が思い描く理想のクルマとは(東洋経済ONLINE)

PHEV(プラグインハイブリッドカー)関連ブログ
神戸店について
店名
兵庫三菱自動車販売株式会社 神戸店
住所
〒651-0072
兵庫県神戸市中央区脇浜町2-9-1
地図を見る
電話番号
078-231-4711
FAX
078-231-5088
営業時間
9:30~19:00
定休日 毎週水曜日
急速充電24h対応
その他休業日はカレンダーをご確認ください