兵庫三菱発信編集局ニュース

世界一幸福な国デンマークで聞いた①休日の過ごし方

兵庫三菱Web編集局 駐デンマーク | 記事 : A.Nabeshima
配信日 : 2016年5月30日 16時00分 JST

こんにちは。冬が長いことで知られるデンマーク。冬の日照時間は最短で6〜7時間だそうです。朝8時くらいにやっと明るくなり、お昼ご飯を食べて15時くらいになるともう暗くなり始めることになります。考えただけで気が滅入ります。ただその分、春〜夏にかけて日が長くなってくると、デンマーク人はここぞとばかりに日の当たる生活を楽しむようです。温かくなり、夜はすでに20時頃まで明るい今日この頃、どのような休日を過ごしているのでしょうか。今回は首都コペンハーゲンの近郊に住むあるご家族の週末に同行させていただきました。

休日はサマーハウスでリラックス

d2 2016-04-23 10 04 03.jpg

デンマークには「サマーハウス」というものがあります。日本で言う「別荘」になりますが、そこまで贅沢品ではなく、「自然に触れ、太陽を浴び、家族でゆっくり過ごすための場所」として、富裕層に限らず多くのデンマーク人が所有しています。十分贅沢に聞こえますが、冬が長い分、それだけ春や夏の楽しみにかけているのでしょう。

d1 2016-04-22 10 51 45.jpg

今回訪れたのは、コペンハーゲンから車で1時間ほど、北の海岸沿いにある「Hornbæk」という港町です。

d52016-04-23 12 45 38.jpg

海と森林、レンガや草葺き屋根の家が並び、機関車トーマスの舞台のような可愛らしい町でした。

d3 2016-04-23 10 02 42.jpg

d4 2016-04-23 12 48 16.jpg

この町は避暑地のようで、建っている多くの家がサマーハウスだそうです。

d7 2016-04-23 12 46 37.jpg

広い庭に、ブランコやトランポリンがある素敵な家々が多くありました。

d2 2016-04-23 10 04 03.jpg

休日に家族で訪れ、海岸沿いを散歩したり

d8 2016-04-22 10 55 17.jpg

カフェのテラスでお茶をしたり(多少寒くても日差しがあればテラスに出ます)

d9 2016-04-23 10 40 26.jpg

乗馬したり

d11 2016-04-22 16 13 24.jpg

時間がゆっくりと流れます。

d12 2016-04-22 16 40 56.jpg

何よりも贅沢な時間とは

d14 2016-04-23 11 22 26.jpg

デンマークは、どの町もこぢんまりとしていて、メイン通りを歩いても30分ほどで見終わってしまいます。ブティック、雑貨屋、カフェ、パン屋、スーパー、アイスクリーム屋がそれぞれ数件ほど。

d15 2016-04-23 13 23 57.jpg

ブランドなどの高級店もないし、夜遅くまでやっているバーやレストランもほとんどありません。だいたい夕方の5時くらいになると、次々とシャッターが降りて人がいなくなります。「これがデンマークの典型的な町です。この時間になると、町が死にます。ははは!」だそうです。皆、家に帰るのです。

d62016-04-22 17 05 37.jpg

「休日に家族とサマーハウスで過ごすことは、何よりリラックスできるし、ストレスの多い仕事を続けていく上でとっても大事なのです。」

サマーハウスのテラスでコーヒーを飲みながら、部品メーカーに務めるケネスさんが語ってくれました。

d162016-04-24 14 53 48.jpg

私は思わず、「え、デンマーク人にもストレスがあるんですか?」と聞きました。デンマークの労働時間は世界的に見ても少なく、有給や長期休暇もたっぷりあり、勤務時間や勤務携帯も柔軟だと聞いていたので、誰もがワークライフバランスを実現していると思っていました。
ケネスさんは、 「そうですね、日本のようにカロウシ(過労死)になる人もいないし、自分の時間を楽しむ人が多いのは確かです。それでも仕事をしている以上、ストレスは溜まります。だから、休日はここに来て、仕事は一切せず、考えず、自然の中で家族と静かに過ごします。それが何よりのストレス解消法であり、長く仕事を続けていく秘訣なのです」

d17 2016-04-24 14 53 08.jpg

日の当たる暖かいテラスで、子どもが庭で遊んでいるのを見ながらコーヒーを飲んでくつろぐ時間。私もそれをいっしょにさせてもらいました。気温8℃という肌寒い中、太陽の光がとても暖かく、鳥のさえずりが聞こえ、「きもち良いなー」と他人の家のテラスでくつろぎ、気づいたら寝ていました。

d17 2016-04-24 14 27 02.jpg

なにかとても贅沢な気分になり、何もしていないのに、有意義な休日を過ごした気分になりました。これまで、せっかくの休日だからと、イベントに行ったり、買い物に行ったりして、時間とお金を使い、結局疲れて帰ってくる。あるいは一日中何もせずに部屋にこもってグダグダして自己嫌悪に陥る。そんな両極端な休日の使い方をしてきたように思います。何も考えず、特別なことをせず、ただゆっくり時間を過ごせる場所を持つ。心地よい、贅沢な休日の過ごし方を教えてもらった週末となりました。

デンマーク関連記事
毎週金曜日はレデーィスデイ!洗車+車内清掃・消臭がセットで500円キャンペーン!
︿