兵庫三菱発信編集局ニュース

『だいどころ』海鮮トロロ丼ランチが破格の600円【尼崎/立花】#40

兵庫三菱Web編集局 | 記事 : M.Takaya
配信日 : 2017年5月17日 08時00分 JST

寒かったり暑かったりと、毎朝服選びに迷ってしまう今日この頃。衣替えはまだまだ先なのでしょうか。さて、今回ご紹介するのは立花の『だいどころ』さんです。西脇や高槻など近畿圏内で修行された尼崎出身のご店主が、2年前に開いた居酒屋風のお食事処です。

『だいどころ』さんの海鮮トロロ丼

20170516Daidokoro01.jpg

JR立花駅の改札を出て、左へ進みます。左手に見える階段を降り、道なりに東へ歩きます。

20170516Daidokoro02.jpg

コンビニの横を直進していきます。

20170516Daidokoro03.jpg

2つ目のコインパーキングの東に「やきとり」の看板が見えます。その隣が『だいどころ』さんです。駅からは徒歩4分ほどです。

20170516Daidokoro04.jpg

こじんまりとした店内は、カウンターに7席。居酒屋風な雰囲気の落ち着ける内装です。ゆっくり過ごしたいから、人に教えたくないと言う常連さんもいるそうです。

20170516Daidokoro05.jpg

「本日のランチ」はすべて600円!前職がお魚系だったというご店主のおすすめ、一番人気の「海鮮トロロ丼」にしました。他にも「鳥ミンチ焼き飯」も人気のメニューのようです。

20170516Daidokoro06.jpg

注文後すぐにお冷やと共に小鉢が出てきました。かつお節と生姜とネキがのったシンプルな冷奴でした。

20170516Daidokoro07.jpg

その間にカウンターの中では着々と「海鮮トロロ丼」が出来上がっていきます。この日のネタは、カンパチ・タイ・マグロにサーモン。日によってネタは3種だったり4種だったりするそうです。

20170516Daidokoro08.jpg

やってきました「海鮮トロロ丼」!!おろしたてのトロロがふんわりかかっていて、ザザッとかきこみたくなるような美しさです。そして、深皿とレンゲという組み合わせが食べやすさを更に高めています。

20170516Daidokoro09.jpg

しかもお味噌汁と漬物も付きます。みりんの入ったお汁で、じんわり胃が温まります。冬場はお味噌汁のみではなく、にゅうめんや蕎麦という日も。ご店主の心遣いを感じます。

20170516Daidokoro10.jpg

めっちゃマグロ美味しいです!魚の旨味とややあまい醤油がトロロに絡んで、噛むほどに綺麗に味がまとまっていきます。

20170516Daidokoro11.jpg

カンパチはサーモンやマグロよりもやや食感がしっかりしていて、トロロと意外と合うのだと驚き!タイは言わずもがな。ちなみに「海鮮トロロ丼」は、うっかりネタを先に食べてしまっても、残りをトロロご飯として美味しくいただけるところもポイント高めと思います。

20170516Daidokoro12.jpg

「海鮮トロロ丼」を食べるのは初めてでしたが、最高でした!緑茶を急須でいただくという、600円の定食とは思えない丁寧な仕事に感激です。気軽にお魚を食べられるお店って、嬉しいですよね。仕入れから調理まで、すべてお一人でされているということなので、こじんまりと続いていってほしいお店だなぁと思います。ごちそうさまでした!

20170516Daidokoro13.jpg

話はガラリと変わりまして、アニメ忍たま乱太郎には「尼崎の地名」から名前を付けられたキャラクターが多いそうです。実は、「七松 小平太」もその一人。『だいどころ』さんからほど近い「七松八幡神社」を訪ねてみました。絵馬を眺めると、ファンと思われる方の素敵なイラストがありました。散策してみるのも楽しいですね。

20170516Daidokoro15.jpg

『だいどころ』という店名は、覚えやすい名前が良いということでつけられたそうです。平日の12時台は市役所の職員や近くの会社の方で混雑するため、13時台が狙い目です。ちなみに写真は、夜の営業中によく出る「あおさの磯辺揚げ」と「唐揚げ」です。青々として素敵です。店内が外から見えないので、少し入りにくいと感じる方もいらっしゃるとは思います。ですが!お食事は美味しいので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

「だいどころ」
住所:
兵庫県尼崎市七松町2-2-15(Google Map
電話番号:
06-6419-3981
営業時間:
11:30~14:00 17:00~22:00
定休日:
日曜日
食べログ:
だいどころ
駐車場:
なし(付近にコインパーキングあり)

その他、兵庫グルメレポート記事

︿