兵庫三菱発信編集局ニュース

『洋食の朝日』行列必至!老舗のビフカツランチ【神戸/西元町】#64

兵庫三菱Web編集局 | 記事 : M.Takaya
配信日 : 2018年03月07日 08時00分 JST

神戸の街には、「グリル一平」・「洋食SAEKI」に負けず劣らず、老舗の超人気ビフカツがあるという噂を聞きつけました。

というわけで、50年続く西元町の「洋食の朝日」に行ってまいりました。

『洋食の朝日』のビフカツ

20180122Asahi01.jpg

西元町の駅で下車。元町商店街の西端に位置します。

駅から徒歩3分。

20180122Asahi02.jpg

おかしい。よくみると自転車の前輪がない...。

謎多きこの街に、本当に旨いビフカツがあるというのでしょうか...

20180122Asahi03.jpg

こ、この人だかりは......もしや!?

20180122Asahi04.jpg

「洋食の朝日」という店名に間違いありません。

平日の昼過ぎとはいえ、27人待ち。なかなかの行列...

20180122Asahi05.jpg

メニューは迷うことなく「ビフカツ(1480円)」です。

20180122Asahi06.jpg

いざ、潜入!!

20180122Asahi12.jpg

雨のため脱落者もいましたが、その待ち時間、実に50分

これが、50周年(?)の威厳なのでしょう...

20180122Asahi09b.jpg

着席から10分ほどで、プレートがやってきました。

味噌汁とご飯は、おかわり可。

20180122Asahi09.jpg

肉の厚み・火の入り具合共に、王道ど真ん中のビフカツルートを堂々と歩んでいるかのよう。

このやや素朴なビジュアルは、今時のおしゃれ洋食屋と一線を画する、老舗らしさとも言えそうです。

デミグラスの色が特徴的で、一般よりも明るい色。

ハヤシライスやハッシュドビーフを彷彿とさせます。

20180122Asahi10.jpg

その見た目に反して、かなり柔らかくそして美味しい...

溢れる肉汁系ではなく、ふんわりやわらか・しっとりもちもち、そんな印象のビフカツ。

これならレア派・ミディアム派どちらも満足できそうです。

20180122Asahi11.jpg

デミグラスソースは、酸味のきいたハヤシライスのような味わい。

ベイクドなポテトに絡めても、かなりイケました!!

20180122Asahi07.jpg

周囲を見ると「ビフカツ」以外も注文されているようでした。

こちらは「ブタヘレチーズ焼き(1080円)」

20180122Asahi08.jpg

本当に豚肉なのか疑いそうになる程、柔らかい。

もちろん味も文句なし◎

20180122Asahi13.jpg

厚切り赤身レアのジューシーなご馳走系なら「洋食SAEKI」

デミグラスがしっかりの柔らかな赤身なら「グリル一平」

ふんわりしっとり老舗・町の洋食屋なら「洋食の朝日」

個人的な好みで言えば「洋食SAEKI」のビフカツが、見た目・厚みにご馳走感があって優勢でした。

ビフカツの世界は奥が深いですね。気分に合わせて、お店を使い分けるのも良いですね。

20180122Asahi14.jpg

神戸駅からも徒歩10分ほど。

洋食好きには、ぜひ一度食べ比べてみていただきたいです。

関連記事
ひとこと

ビフカツは関西のご当地グルメ、という説もあるそうです。

「洋食の朝日」
住所:
兵庫県神戸市中央区下山手通8-7-7(Google Map
電話番号:
078-341-5117
営業時間:
11:00~15:00 (L.O)
定休日:
土曜日、日曜日
食べログ:
洋食の朝日 (ヨウショクノアサヒ)
駐車場:
なし(近隣にコインパーキングあり)
最寄駅:
JR「神戸駅」、阪急「花隈駅」、阪神「西元町駅」

その他、兵庫グルメレポート記事

eKシリーズは全車種サポカー!
︿