兵庫三菱発信編集局ニュース

『コム・シノワ』神戸市民も認める絶品グルメの人気店 -パン編-【神戸/中央区】#80

兵庫三菱Web編集局 | 記事 : M.Saito
配信日 : 2018年10月22日 9時00分 JST

おはこんばんにちは、編集局のサイトウです。

今回は、前回ご紹介したコム・シノワさんの【ケーキ編】に続き、コム・シノワ(*1)さんの【パン編】となります。

神戸はパンの激戦区として有名ですが、その中でも確かな味だと神戸市民にも認められ、神戸に行ったら絶対寄る!という根強いファンもいるほどに愛されているコム・シノワさんのパン。

そんなコム・シノワさんの絶品パンの中から、この秋にぴったりなパンをピックアップしてご紹介!

(*1)『ブーランジェリー コム・シノワ』 - 三宮ビル南館地下にあり、販売する商品はフレンチ・パン・洋菓子など幅広い。なお、お店への行き方は【ケーキ編】に記載(記事の最後にもリンク有り)。

数あるパンの中から「秋らしいパン」3選!

commechinois_tennai4.JPG

お店の入り口に並ぶ、たくさんのパンたち!
食パンやバケット、カレーパンやドーナツ...などの王道パンをはじめ、イチジクやリンゴなどの果物がどっさりのった贅沢なパンや、キューブ型や動物型といった変わった形のパンなど、種類もさまざまです。

この中から「秋らしさ」をテーマに3つほど、パンを選んでいこうかなと思います。

commechinois_pan1.jpg

1つ目、「イベリコ豚と季節の野菜畑(486円)」!

上の写真の手前にあるパンです。これを選んだ理由は、乗っている野菜がめちゃくちゃ美味しそうだったから、です!彩りも鮮やかで、まさに「実りの秋」を表現したようなパンです。

「秋の新作!」というプレートにも惹かれてしまいました。

2つ目、「ポルチーニ香るきのこのパン(346円)」!

上の写真の奥に写っているきのこです。これを選んだ理由は、見た目がまんまきのこで可愛かったから、です!秋らしさ100%!

見た目が見た目なだけに、どんな中身なのか気になります...。

commechinois_pan2.jpg

最後は、「ごぼうとくるみのバトン(195円)」!君に決めた!

上の写真の左側のパンです。これを選んだ理由は、単純にごぼうが好きだから、です!(完全に個人的な理由)

だってごぼう美味いじゃん!

また、ごぼうとくるみって見た目が茶色いので、落ち着いた秋らしさを感じますよね。

ごぼうのシャキシャキ感やくるみ・パンとの相性など、ごぼうがどんなテイストなのか、楽しみです。

commechinois_pan3.JPEG

コム・シノワさん店内奥の併設された「オネスト カフェ」でそのままイートイン。購入したパンをすぐ食べることができるのは便利です。

お会計を済ませ、受け取ったバケットの中はまるで、秋の山の景色を切り取ったような...そんな心踊る季節のシーンが描かれていました。

これ一つでランチのような満足感!「イベリコ豚と季節の野菜畑」

commechinois_pan4.JPEG

最初は「イベリコ豚と季節の野菜畑(*2)」からいただきます。

見た目は先述した通り、とっても鮮やか。それに加え、焦げ目のついた野菜がまた食欲をそそります。

(*2)小麦・卵・乳・豚肉を使用。

commechinois_pan5.JPEG

パンの中には、イベリコ豚、人参、スイートコーン、プチトマト、ズッキーニ、玉ねぎ...と、「これでもか!」というほど中身がぎっしり詰まっています。

野菜一つ一つ、甘くて丁寧な味わい。イベリコ豚のコンフィも、ちょうどいい大きさで、しっかり存在感を出しています(上の写真の右側にあるお肉)。

また、底部にはハニーマスタードがペーストされており、甘い野菜にちょうど良いアクセントをつけてくれました。

パン、野菜、お肉が1つにバランスよくまとめられていて、まるでランチを食べたような満足感◎!

見た目も味も楽しい!超ファンシーな「ポルチーニ香るきのこのパン」

commechinois_pan7.JPEG

お次は「ポルチーニ香るきのこのパン(*3)」をいただきます。

しかし、うーむ...。何度見返してもカンペキに「きのこ」。

これを食べたら体がでかくなるか、残機が増えるか。はたまた頭に生えてうまく操作できなくなりそう。(*4)

なんか、食べるのが惜しい。

(*3)小麦・乳・クルミを使用。
(*4)某ゲーム2作品のネタ。

commechinois_pan8.jpg

とも言ってられないので、ちょっと悲しい(?)ですが断面が見えるように半分にカット。\アッ-!/

きのこの上部(カサの部分)に「ポルチーニ」というヨーロッパでよく使われるきのこが使われおり、鼻を近づけるとポルチーニの香りがします。パンには胚芽麦が使われていて、こちらも香ばしい。

きのこの下部(柄の部分)はチーズクリームが入っており、濃厚なチーズの味でした。

ハードなパンで、食べ応え◎。上部と下部でパンの種類が違うので、2種類のパンの味を食べ比べする、という楽しみ方もできますね。

見た目も味も楽しませてくれるパンでした!

ごぼうとくるみの異なる食感が楽しい!「ごぼうとくるみのバトン」

commechinois_pan6.JPEG

最後は「ごぼうとくるみのバトン」をいただきます!(*5)

20cmほどの長いパンだったので、内面が見えるようにカットしてみました。ごぼうとくるみが小さく刻まれてパンの中に満遍なく入っています。

(*5)小麦・乳・くるみを使用。

commechinois_pan9.JPEG

ごぼうにはしっかりと芯があり、シャキシャキ感があるので楽しい食感!この独特の噛み心地はごぼうの魅力のひとつなので、これが失われていないのはごぼう好きにとってめちゃくちゃ【朗報】。

一方くるみはカリカリとちょうどよい歯ごたえで、ごぼうとはまた違う楽しい食感です。

ごぼうの味はしっかりとでていて、それでいて味を主張しすぎていないので、くるみやパンの風味を邪魔せず相性も◎。

口の中に含むと味がほんのりと広がっていく感じが、さらに「静かな秋らしさ」を演出します。

終わりに「シーズンによって商品が変わるからどの時期にいっても楽しい!」

commechinois02.JPEG

コム・シノワさんの「ケーキ」と「パン」を食レポ記事2回に渡り、ご紹介しました。いかがだったでしょうか?

コム・シノワさんの魅力は、神戸市の方々が何度も通ってしまうほどの確かな「味」もそうですが、何と言っても「その季節を食で楽しめること」ではないかと自分は思います。

コム・シノワさんでは、その季節の旬の材料を使用したり、形そのものを季節のテーマに合わせたりして、季節や時期ごとに並べる商品を変えています。その季節ごとの良さを食べ物を通して感じさせてくれるのがコム・シノワさんの最大の魅力ではないでしょうか。

なんでもないと思うそんな日でも、このお店に行けばきっと、季節の美しさを観ることができる気がします。

関連する食レポ記事
ブランジェリー コム・シノワ 本店
住所:
兵庫県 神戸市中央区御幸通7丁目1−15 三宮ビル南館 地下(Google Map
電話番号:
078-242-1506
営業時間:
[ベーカリー]8:00~19:00
[カフェ]8:00~18:00(L.O.17:00)
定休日:
水曜日、その他不定休あり
HP:
ホームページ
食べログ:
ブランジェリー コム・シノワ
SNS:
Instagram
駐車場:
なし(近くにコインパーキング有り)
最寄駅:
JR「三ノ宮駅」徒歩5分
阪急「神戸三宮駅」徒歩8分
阪神「神戸三宮駅」 徒歩3分
地下鉄海岸線「三宮・花時計前」駅(3番出口)徒歩1分

その他、兵庫グルメレポート記事

︿