兵庫三菱発信編集局ニュース

『成城石井』本場シンガポールの味!チキンヌードル#105

兵庫三菱Web編集局|記事:M.Hayakawa
配信日:2019年10月15日18時30分JST

こんにちは!最近は、スーパーやコンビニでもハイクオリティーな商品がたくさん出ていますよね。今回は、その中でもかなり本格的だと各所で話題の、成城石井の『シンガポール風ソイソースチキンヌードル』をご紹介します!!

高品質な商品が揃う成城石井

成城石井とは、1927年創業のスーパーマーケットで、現在は全国に展開しています。

世界中からこだわった高品質な食材を取り寄せ、オリジナル食品の開発にも力を入れています。高級なイメージがありつつも、駅構内に多くあるおかげか、気軽に入りやすく、今好調なスーパーマーケットです!

seijoishi-exterior-02.jpg

阪急夙川駅構内にある成城石井にやってきました!(駅員さんに成城石井に行きたい旨を伝えると、切符を買わなくても入ることができます)

お目当ての、シンガポール風ソイソースチキンヌードル!seijoishii-chickennoodle-1910-13.jpg思っていたよりもかなり大きく、ずっしりしています。 税抜きで699円!

成城石井の公式ホームページに載っていた、チキンヌードルに合う、おすすめのペアリング『成城石井 オーガニックハーブティーレモングラス&ジンジャー』も一緒に買ってみました。

seijoisii-chickennoodle-1910-14.jpg

こだわり抜かれた味

成城石井は、今年の夏、シンガポール政府観光局と共同でシンガポールフェアを開催。成城石井のオリジナルのお惣菜を担当する、セントラルキッチンが総力をあげて開発をしたこのチキンヌードルは、フェアの中でもダントツの売上。そのことから成城石井社長・原昭彦氏はチキンヌードルを定番メニューに決定。

シンガポールの屋台からミシュラン星付きのレストランまで、数々の人気店を渡り歩き、約2ヶ月にわたる試行錯誤で、本場シンガポールの味を再現しつつも、日本人の口に合うような商品を開発したのだそう。

そんなかなり本格的なチキンヌードル、表示通りに500wで4分温めてみます。

seijoisii-chickennoodle-1910-15.jpg

温めると一気にエスニックな香りが広がります。麺の上には煮卵、鶏肉、オクラ、しいたけ、ネギなどかなり具だくさん。

まずは、中国醤油、酒、みりん、上白糖、中ざら糖、五香粉などを配合した合わせ調味料に漬け込み、一晩寝かせて味をしみ込ませたというソイソースチキンを食べてみます。

seijoisii-chickennoodle-1910-16.jpg

柔らかくて、しっかり味が染み込んでいます。レンジで温めたお惣菜とは信じがたい...

本当にお店で今さっき調理されたかのような味です!

seijoisii-chickennoodle-1910-17.jpg

麺は、細めの縮れ麺で焼きそばのようで、 シンガポール現地の味わいを再現するために、成城石井仕様のものをこの商品のためにゼロから国内で開発したそうです。

中央にタレがかたまっているので、しっかり混ぜて食べます。 煮卵にもしいたけにもしっかり味がついています。オクラは優しめの味でバランスが取れているなあと思いました!

ネギの横に添えてある、シンガポール風チリソースをつけると、エビの風味で一気にエスニック感が増します。 私は、チリソース無しの方が個人的に好きでした。

全体的にかなり味がしっかりしているのですが、先ほど一緒に買った、ペアリングの『オーガニックハーブティーレモングラス&ジンジャー』は、甘くなく、すっきりとしているので合っていてちょうど良い◎

まとめ

ボリューミーで、具もしっかり。かなり満足感がありました。

味もこだわって作っただけあって、ハイクオリティー。スーパーで手軽に買えるお惣菜とは思えない!温めれば、お店でできたてのチキンヌードルを食べているかのような気分になります。

699円とコスパもよく、日常的にできるプチ贅沢ですね!

成城石井『シンガポール風ソイソースチキンヌードル』ぜひ買ってみてください!

その他、兵庫グルメレポート記事

︿