兵庫三菱発信編集局ニュース

三菱の新しくなったサポカーをぜひ体感ください! eKシリーズは全車種サポカー!

サポカーとは?

安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマのことで、愛称をセーフティ・サポートカー、その略称を「サポカー」といいます。交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。

「サポカー」は、搭載機能に応じて、自動ブレーキを搭載した「サポカー」と、特に高齢のドライバーの方向けのアシスト機能が加わった「サポカーS」に区分されます。サポカーSは、さらにその自動ブレーキ機能に準じて3つに区分されます。

サポカー区分

具体的にどういった機能があるのか、現在放映中のこちらの滝沢カレンさんが出演するCMをご覧ください。

このように低速で走行しているときにアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えたり、ブレーキ操作が遅れたときに、警報音とともにエンジン出力の制御や自動ブレーキを作動させる「踏み間違い衝突防止アシスト」機能などがあります。

そして、5月28日発売の新しくなったeKシリーズは、予防安全性能を向上させ、全車種が「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」に該当となりました。衝突被害軽減ブレーキシステムの機能向上に加え、誤発進抑制機能に軽自動車初の歩行者対応(前進時)が追加された踏み間違い衝突防止アシストを全車種標準装備しています。

eKシリーズは全車種サポカー!

すべてのドライバーのみなさんに、どんなシーンでも安心して運転を楽しんでほしい。事故を未然に防ぎ、万が一の際も被害を回避・軽減するための予防安全技術を磨き上げてきました。それが三菱e-Assistです。

三菱e-Assist①「衝突被害軽減ブレーキシステム」

衝突被害軽減ブレーキシステム

前方の車両や歩行者と衝突の危険があるときは警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減、または衝突を回避するシステムです。

三菱e-Assist②「踏み間違い防止アシスト」

踏み間違い防止アシスト

低速で走行しているときにアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えたり、ブレーキ操作が遅れたときに、警報音とともにエンジン出力の制御や自動ブレーキを作動させます。

三菱e-Assist③「車線逸脱警報システム」

車線逸脱警報システム

長距離ドライブの疲れなどで高速道路でうっかり車線をはみ出しそうになったとき、カメラにより、前方の車線位置を常に監視し、車線を外れそうになると、警報で注意を促します。脇見運転などによるクルマのふらつきに効果的です。

三菱e-Assist④「オートマチックハイビーム」

オートマチックハイビーム

対向車や先行車、道路周辺の明るさなど検知し、ロービームからハイビーム、ハイビームからロービームへの切り替えを自動的に行い、遠方視認性を高めるとともに、手動操作の煩わしさを軽減します。

6月の最新折り込みチラシもご覧ください!

兵庫三菱自動車販売株式会社
201806chirashi--1.jpg
201806chirashi--2.jpg
eKシリーズは全車種サポカー!
︿