兵庫三菱発信編集局ニュース

ヨーロッパでのEV・PHEV販売台数ランキング【2015年1-4月データ】

記事 兵庫三菱Web編集局 N.Yokoyama 2015.06.16 配信

ヨーロッパでの販売台数No.1は三菱アウトランダーPHEV

先日、2014年累計の世界でのEV、PHEV販売台数のランキングをご紹介しましたが、今回はヨーロッパ限定。期間は2015年1月から4月までのデータですので、比較的最新の売れ行きランキングとなります。下記の表通り、三菱アウトランダーPHEVがダントツで1位となりました。

2015年1月〜4月ヨーロッパ累計販売台数

evphev_euro20150104.png

表作成 : 兵庫三菱Web編集局

データ元 : http://evobsession.com/

なぜ、ヨーロッパでアウトランダーPHEVが人気なのか?

ではなぜ、アウトランダーPHEVがこれほどまでにヨーロッパで人気があるのでしょうか?考えられる要因をいくつか挙げてみます。

ヨーロッパは環境先進国が多い

ヨーロッパには、ドイツ、オランダを始め、ノルウェーやデンマークなど、環境先進国が非常に多いことで有名です。アメリカや日本はそれらの国に比べると環境対応については一歩も二歩も遅れています。ヨーロッパでは必然と、EVやPHEVなどのエコカーに注目が集まるのは自然なことかと思われます。事実、ドイツでは1位、オランダでは2位とアウトランダーPHEVの人気は凄まじいです。

4WDでツインモーターのPHEVはアウトランダーのみで価格が手頃

europhev.jpg

アウトランダーPHEVだけではなく、他メーカーもEV、PHEVを出しているわけですから、もっと他にも理由がありそうです。ヨーロッパでは、BMWのi8や、ポルシェのパナメーラなどと比較されることが多いようですが、いずれも2WDで1モーターで、価格も1000万円を軽く超える高級車です。価格400〜500万円で4WDのツインモーター、なおかつ急速充電にも対応できるアウトランダーPHEVは非常に費用対効果の良い効率的な車であるという評価なのかもしれません。

他にも理由はたくさんありそうですが、またの機会に分析してみたいと思います。ヨーロッパの国ごとの販売台数データなんかも調べてみたいと思っていますので、また改めてご紹介できればと思います。

関連記事

アウトランダーPHEV関連
データ関連
テスラモーターズ関連
車内の「除菌・消臭」クレベリンキャンペーン いまだけ特別価格1,000円(税込)
︿